蕎麦

December 10, 2007

貴重な和食屋さん

12月も中盤となり、クリスマスまであとわずか…。
我が家もBGMと心ばかりのクリスマスのデコレーションとパネトーネで
気分を盛り上げています。。。が、全然関係ない話を。

とにかく寒い(苦笑)軽井沢のクリスマスイルミネーションも
空気が澄んでいるだけになかなか素敵なのですが
でも人が少なくなったな〜というのが、やっぱり正直なコメント。
11月末で冬眠に入ってしまうカフェやお店だらけなのが、実は哀しい現実です。
仕方ないよね、夏と冬の人口があまりにも違いすぎるし。。。

酢重002

でも、木々の葉もすっかり落ち
冬の装いとなった街並みをお店の中から、暖かい飲み物でもいただきながらボヤーっと見ている
・・・そんな時間も、実は意外に好きな軽井沢の冬の過ごし方。

ここのお店も、冬は静かでいいです。
そして軽井沢には貴重な、和食の定食が食べられるお店。

酢重

イルミネーション見学の前後にもおすすめのレストランがこちら「酢重正之」さん。
旧軽ロータリーのすぐ近く。2階の席からはイルミネーションが見えると思います。

軽井沢通の方には、もと「ジーンズショップ摩耶」があった場所と申し上げた方がいいのかしら。
摩耶がなくなってしまった時には、淋しい思いをしたものですが。。。
お隣は、蕎麦ダイニングの川上庵 二次会なんかでもお世話になっているお店です。
ここも、もと「ソニープラザ」のあったところ…と言った方がいいかな?

この「川上庵」と「酢重」は棟続きで、設計師さんも同じ。一目見て同系列のお店とわかるお店。
そして「川上庵」は麻布十番と青山に、「酢重」は丸の内にそれぞれ東京にも出店しているから
ご存じの方もいらっしゃると思います。
つまり田舎ちっくなお店ではなく、小洒落た和風ダイニング系のお店。

下はこのお店のコンセプトを表す写真かな(って気がしている)

酢重003

熱ムラが少ないという球体に近い形の銅鍋でご飯を炊いている酢重さん。
熱のまわりがいいので、ごはんが立つんだそうです。
この銅鍋は軽井沢の銅職人の方がつくっているオリジナルらしい。

このカウンターで、銅鍋から炊きあがりのご飯の湯気があがっている感じが
何だか、冬のお家の中の温かさを象徴しているみたいで
私は“冬の酢重さん”が好きなのかも。

酢重004

熱燗でいくのもいいし、ストーブでぬくぬくしながら、キンと冷えた吟醸酒ってのもいいなー。
先日は昼間だったので、私は黒酢酢豚定食をいただきましたが。。。

酢重005


お味噌やお醤油を自分のところで作っているここのお味噌汁は、麹の甘味がたっぷりして
ほっとして、おかわりしたくなるような味です。
具だくさんなので、お腹いっぱいになるんだけどね。

酢重正之 公式サイト *内容はあんまり充実していないサイトだけど…
酢重正之 
軽井沢町軽井沢6-1
TEL:0267-41-2007

川上庵 公式サイト  
そういえば、先日愛知からいらっしゃった結婚式のお客様と一緒に「川上庵」に行った時
「くるみダレせいろ」をおすすめして
新郎新婦とカメラマンと私とで4人で同じメニューを食べたけど
「こんなお蕎麦初めてです!すごく美味しい!!来るたびに軽井沢が好きになります」
なんて言ってくださったんですぅ。すごく嬉しかったなー。「川上庵」さんのおかげです。感謝!
ここは、ワンちゃんOKのテラス席もあるので、いつもお席がいっぱいになるお店なんですよ♪
川上庵 
軽井沢町軽井沢6-10
TEL:0267-42-0009

takamaien_n at 23:12|PermalinkComments(2)TrackBack(2)

September 26, 2007

総本家の味

にしんそば01

京都でお仕事をしている方からいただきました。
京都で蕎麦といえば、にしんそば・・・なんですか?
私、にしんそばって、初めて食べた気がします。
会席のコースとかで食べたことはあるのかもしれないけど、蕎麦だけって初めてかも。

関西風の薄くて品のある出汁に、棒煮のにしんの甘くて濃い味がマッチして
そして蕎麦にしっかり絡んでいく・・・すごく計算された老舗の味って感じがしました。

にしんそば02

高級珍味な風格漂う、大きなにしんは、ウチの大ぶりのどんぶりも収まりきりません。

「松葉のにしんそば」って京名物のひとつですよね。
貴重なものをありがとう、Iくん。

総本家にしんそば 松葉
TEL:075-561-1451


takamaien_n at 16:41|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

December 29, 2006

はりこし亭

この秋からすっかりブログ更新がスローペースになってしまって
デジカメの中には画像だけが溜まっていく日々。

今日は写真を少し整理します。

近くに居ながら 実はまだ行ったことのなかった、はりこし亭。
公私共に気になっていた場所です。
ここでは結婚披露宴もできるの。最近の和婚ブームにはぴったりの場所ね。
結婚情報誌といえば…の「ゼクシィ」にも良く広告が載っています。
だれかここで結婚式しないかな。ぜひ担当させていただきたいっ!
初恋りんご風呂が有名な中棚荘の別邸。

はりこし亭3

ここは、今年、文化庁の"登録有形文化財"にも指定されたそうで
旧中仙道だったか北国街道だったか、小諸の別の場所にあり、染物屋さんだった
江戸時代の旧家を移築したらしい。

はりこし亭1はりこし亭

この玄関の提灯と藍染の暖簾---それから、なんと言っても 土間 がいいのですぅ。
私、土間のある古民家って大好き♪

はりこし亭7はりこし亭2

左の写真の門から中棚荘へ上がっていかれるの。
この日もチェックアウトしたと思われるカップルがお昼を食べに来ていた。

はりこし亭5はりこし亭6

この"かまど"が、またいいと思いませんか?
でもこういうのつくれる職人さんが、もうなかなかいらっしゃらないんだってね〜。

はりこし亭8はりこし亭9

天井の高さ8mくらいあるらしい。欅がふんだんに使われていて
ほんとうに立派な職人技の光る建物です。

さてさて、お食事。

はりこし亭10はりこし亭11

お蕎麦や郷土料理っていう感じのメニューです。
くるみだれのおはぎも美味しそうでしょう?
小諸から上田、小県郡などは本当によく胡桃を食べるの(参考記事

私が頼んだのはコレ。

はりこし亭13

日替わり御膳の ぶり大根 ほっくりしてて美味しかった!!
小鉢もいろいろあって楽しいの。すごいボリューム感でしょ?
これで950円くらいだったと思う。前のことで忘れてしまったけど(汗)

初恋りんご風呂のお話は、いずれまた・・・。

はりこし亭
長野県小諸市古城中棚
TEL:0267-26-6311
11:30〜14:00/17:00〜22:00(L.O21:00)
水曜休
信州小諸・文学の宿 中棚荘

takamaien_n at 19:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

November 06, 2006

秋の味覚 その8

戸隠そばのお店、2軒目。蕎麦処 そばの実さん。

戸隠中社から奥社方面へ車を進めて、鏡池への入口にあるお店です。
中社近くのお蕎麦屋さにゃ宿坊などがひしめき合っている場所(言い過ぎか)とは違って
まわりは木々に囲まれた静かなお店。ここもかなりの人気店。

そばの実1




















平日の14:30頃という時間にもかかわらず、お客さんが“ひっきりなし”のため
人待ち・・・で、この写真を撮るのにずいぶん苦労しましたよ。

そばの実2




















この暖簾、いい感じでしょ?暖簾をくぐって引き戸を開けると・・・。

そばの実3




















お兄さんが蕎麦を打っているところが見られるの。
体力使いますよね、蕎麦打ちは・・・今日も美味しいお蕎麦のため。ご苦労様デス♪
ここのお蕎麦は、国産の粉しか使っていないんですって。
そんでもって石臼自家製粉をされているそう。流石です!!

そばの実4



















そば団子も外はカリッと、中はもっちり!で、甘辛餡もしっかり絡まって
美味しゅうございました。

そばの実5




















ここは店内からの眺めがとても素敵です。もう少し前に来られたらもっと良かったかもね。

で、肝心のお蕎麦を撮ろうと思ったらね、電池切れ-----(アホ)
なので、この蕎麦チップス?でご勘弁?!

そばの実6






















これもまた、あと引く美味しさのなのよ〜。
今度、おうちで蕎麦打ちしたときに出る切れっぱしのお蕎麦で作ってみようと思います。

そばの実
長野市戸隠3510-25
10:30〜16:30/木曜休


takamaien_n at 23:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

November 05, 2006

秋の味覚 その7

新そばの季節・・・にはもうちょっと遅いですが
蕎麦と言ったら信州ですからね。書かねばなりませぬ?!
信州でも蕎麦の総本山ともいえる戸隠へ言ってまいりましたよ。

あわよくば紅葉も・・・なんて思っていたんだけど、ちょっと遅かったみたい。
自称“戸隠そば通”の弟にナビゲートしてもらい
お蕎麦屋さんをハシゴしながら、戸隠奥社と鏡池で秋三昧。

さて、1軒目のお蕎麦屋さんは戸隠中社のすぐ近くにある「戸倉そば苑」さん。

そば苑1




















一昨年か去年の“新そば祭り”で、地元の蕎麦マニアのおっちゃんが
「そば苑」の出汁は戸隠一だ!!と、弟がレクチャーを受け私たちを連れて行ってくれた。

戸隠そば祭りの大盤振舞蕎麦
“ご利益そば猪口”を買って、そのそば猪口を持参で加盟店に行くと
一軒につき「ざるそば1枚」が食べられて、時間内で、胃袋が許す限り
何軒はしごしてもOKっていう楽しい企画なの。

詳しくはコチラ


それで、それで「そば苑」のことなんだけど----。

そば苑2




















蕎麦はシンプルだからしっかり差が出るよね。
だからかな、蕎麦はほんとに好みが分かれる。
信州にいると(軽井沢でも)美味しいお蕎麦屋さんは何処ですか?って聞かれることが
すごく多いけど、答えにすごく困る質問のひとつです(苦笑)

でも、このお店はお奨めしたいな。だって、ご主人がとってもいい方だし。

ざる と かけ では 麺の太さも違うし、ダシも違う。
切り方を変えているだけじゃなくて、別々に打つんだって。
粉に混ぜてあるものが違うらしい。すごい。

私はとろろざるを頂いたんだけど、普通の ざる と とろろざる のダシも違うんだって。

美味しいお水でしめて“ぼっち盛り”にした白くて艶やかなお蕎麦。美味しかった。
今度行ったら「花豆おはぎ」を是非オーダーしたいと思う。
甘味もおすすめらしいよ、このお店。

お店の玄関には、ダシをとった鰹節がネコちゃんのおやつに・・・と置かれているの。
ね?優しいご主人と女将でしょ?


中社近くといえば「うずら家」が超有名店だけど、ひねくれ者の私はあまり好きではない。
ちょいと商業ベースに乗りすぎてるかなって気がして。
確かに山葵を自分でおろして食べられるのは嬉しいんだけどね。
山葵とか天麩羅でごまかされてないかっ?・・・って思っちゃうんだよね。
ごめんなさい。

戸隠そば苑
長野市戸隠中社宮前
TEL:026-254-2238
10:00〜売り切れ次第/不定休

ショッピングサイトもあります♪

takamaien_n at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 23, 2006

和紙の里

実家の近くにこんなところがあります。

washinosato1washinosato2


















立岩という地区に最盛期には50戸も紙漉きを家業としている農家があったのだそうで
もうかれこれ300年以上もの伝統があるのだとか。

先日の大雨で氾濫もしましたが、今でも綺麗な川の流れの 依田川 で
その昔は紙を漉いていたらしい。

washinosato8washinosato9










先日の 上高地の梓川 のようにはさすがに無理ですが、でもそこそこ綺麗な川で
浮き輪持参でで川遊びをする家族連れ、竿を垂れてじっとしているお兄ちゃん
一生懸命、網を投げる彼と魚キープ係の彼女・・・など、川遊びをしている人もちらほら。

私?ただ流れに足をつけてバタバタして涼んでいただけです。

それはいいとして。

「和紙の里」には、大型バスがやってくるので大きな駐車場があります。
最高で250人まで収容の葉書や団扇などをつくることができる
紙漉き体験コーナーがあるので、割と遠くからも主に小学生などがたくさん来るらしい。

私も、数年前にここでイベントをやったことがあるんだけど、結構これが楽しくて
はまる人もいる。

washinosato5





















出来上がった作品は天日干しにして、仕上がったら取りに行くか、郵送してもらうしくみ。

washinosato4washinosato3










こんな風に、様々なタイプの和紙や、和紙を使った民芸品などはもちろんのこと

washinosato7washinosato6










いわゆるお土産品も売っています。

左の写真の奥に写っているぶどうジュース・・・
近所のぶどう畑でおじちゃんが丹精こめてつくっているもの。量産はしていません。
その香りと濃厚さは、ウェルチなんて目じゃないぜっ!素朴なパッケージもステキ。
(1本¥800もするんだもん。当然ですが、もちろん私には買えません・・・↓)

このトマトソースも美味しそう。ラスト1個でした。人気なのね。

蜂の子 とか いなご も 並んでいるけど、売れているのかしら??

あ、あと美味しいお蕎麦も食べられます。(注:蕎麦打ち体験はできません)

和紙の里ふるさとセンター
長野県小県郡長和町古町22-1
TEL:0268-68-3874
9:00〜17:00/月曜休館

takamaien_n at 00:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 14, 2006

蕎麦いざか家 田衛門

田衛門1











佐久平駅の浅間口ロータリー近くにある、そば居酒屋「田衛門」
もうここには何回行ったか覚えていないくらいよく行きます。
その割には、ブログにアップするのが遅くなってますが。
 
田衛門3

















私が行くのはいつも夜なので、仕事帰りのサラリーマン風の人たちで大賑わい。
お座敷個室がいくつかあって、それぞれに盛り上がってます。
そして、いつもほぼ満席状態。

田衛門4田衛門5









居酒屋なので、一品料理もいろいろあるんだけど
メニューもわりとよく変わって、研究されている感じが伝わってきます。
左は、豚肉の冷じゃぶサラダ 右はいわしの酢漬け。⇒美味しかった。

焼酎の水割りと適度な酢で胃が刺激されておもわず天麩羅蕎麦をオーダー。
後から後悔することに・・・。

田衛門6









案の定、食べすぎました・・・。

田衛門7









こんな風にいつも季節の花が活けこまれているエントランスも楽しみに。
この時は咲き誇った芍薬のピンクがとっても艶やかでした。
これであと1時間遅くまで営業してくれてたらいうことないんだけどな。

近くにある、家庭料理の店?「だいこんの花」や
今は中国風?居酒屋(前はうどん家さんだった)「仙人掌(さぼてん)の花」は姉妹店。
がんばってるね〜。

蕎麦いざか家田衛門
佐久市佐久平駅北24-2
TEL:0267-66-3918
11:30〜14:30/16:30〜23:00(L.O.22:00)
月曜定休


takamaien_n at 22:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)