音楽

June 25, 2007

夏もやって来たことですし・・・

オセアーナ

極上のバラード・アルバムって紹介されているこのCD。
ここ10日くらい、ずーっと部屋のデッキに入ったままです。
去年の4月発売だから新しいCDではないんだけど
夏が近づくと、なぜか聴きたくなるティル・ブレナー。

1年前くらいから、聴き始めた彼の曲。
前作の「That Summer」まではフリューゲルの使い方がかなり印象的だったけど
本作品では、それは影を潜めている。ボーカルも1曲しか入っていない。
その代わりに マデリン・ペルー や カーラ・ブルーニ が、ゲストとして参加している
すごいオイシイCDです。

去年書いた「That Summer」のレビューでも少し触れたけど
彼はそのルックスで多くのファンを掴んでいることも想像に難くなく
それよりも、確かな技術を持ち合わせているのに(ベルリンフィルだっけ?に在籍していた)
いわゆる金管楽器系の硬さというか冷たさというか、とんがり・・・な雰囲気がなく
ちょっと弛めの感じというか、ブルースっぽいというか
すごく人間性の感じられる演奏とでもいいましょうか・・・そんな雰囲気が漂っているのです。
だから、人気があるのかな、なんて思います。
とにかく、繰り返し聞きたくなるCDなの。

たぶん私も、彼のCDは時間をかけてでも全部集めることになりそうです。

でもね、夏至も過ぎ、もう夏かな・・・なんて言いつつ
今日の軽井沢はお昼ぐらいから雨で気温が上がらず
私は、ずっと ひざ掛け が手放せずにいました。
19:00頃からはついに、暖房をつけてしまいましたよ・・・あらら?

Oceana/Till Bronner(Amazon)
*視聴OK



takamaien_n at 01:12|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

June 15, 2007

だって名前がいいじゃん

中山うり

中山うり ちゃん。
アコーディオン奏者だってところも、トランペットが吹けるところも、その声色も、その出で立ちも
職業が美容師だってところも、港町を歌った歌が多いところも、すごくいいけど
何といっても、名前が不思議なインパクトがあってとってもいいわね。

仕事でiTunesでいろいろ調べてたら、去年の秋くらいから、うりちゃんが人気絶頂って出ていて
私は遅まきながら今日、彼女のことを知りました。
すごくステキだね。彼女♪横顔が特に好き。応援しようっと。

なんかさ、お酒が飲みたくなりますよ。この人の歌。今夜は・・・マイヤーズとレモンにしようかな。

アップルの中山うりスペシャルレポート


(amazon)
中山うり公式サイト

takamaien_n at 23:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

May 11, 2007

ソウルは大音量で?!

先日の夏のような暑さがウソのように、今日は足元が冷え冷えとしています。
車でも、しっかり暖房をつけて、ひざ掛けもかけて、帰ってきました。
私の車はヒーターの音が、かなり!うるさいんだけど、それに負けないくらいの
結構な音量でソウルを聴きながら・・・ノリノリ?で帰ってきました。

ソウルというジャンルは、実はあまり聴くジャンルではありません。
でも!このアルバムは去年の夏に買ってから、かなりの頻度で聴くことが多い1枚です。

ロバータ・フラックの「ファースト・テイク」
ロバータ・フラック

確か、夏にNHK−FMで、日本のゴスペルシンガー第一人者の亀渕友香さんが
ロバータ・フラックをリコメンドしていたのを聞いて、え〜?ロバータ??
「やさしく歌って」のロバータじゃなくってーーー??

何?何なの??この知的なソウルは???ロバータ・フラックってかっこいいぢゃん!!
・・・と目からウロコな体験をして、即行で買ったCDです。

映画『地下室のメロディ』にも使われてブレイクしたらしい「愛は面影の中に」って曲は
私が生まれた頃に流行った曲だけど
今、聴いてもすごくカッコいい。確か、セリーヌ・ディオンとかもカバーしてたよね。

ロバータ・フラックって“ソウル”って括りで考えると
ちょっと違うんじゃないの?って思っていたのだが、亀淵さん曰く
彼女ってば、黒人ミュージシャンンの中ではエリートコースを歩んでいるというか
クール系の正統派な歌手らしい。
大学ではクラシックを専攻して、オペラ歌手にも師事して声楽も勉強しているらしい。

そんな訳で、知性を感じさせる、なかなか素敵な“スルメな”1枚であります。

First Take (amazon)
視聴もOK

ちなみに、今、このブログを書きながら聴いている音楽は
うって変わってクリストファー・クロスとか、モンキーズとか、ニルソンとか。
今週末のパーティのBGMのチェックです・・・。懐かしいなー。

takamaien_n at 23:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

April 05, 2007

父へのオマージュ

ナタリー・コール

今年になってから繰り返し繰り返し聴いたナット・キングコール と
惚れ惚れするようなテクニックのギター奏者ジョー・パスのリードアルバム
そして私が、今いちばん気持ちよくその歌声に酔いしれているナタリー・コール。

“繋がり”は、名曲『Unforgettable』
この曲は、この冬、いちばん聴いた曲かもしれない。

先日、担当させていただいた結婚式は、親族とごく親しい友人だけのパーティ。
20代後半のカップルは、友達の後輩だった。

お色直しはナシなし。
とにかくゆっくりとゲストと過ごす。
料理はちゃんとしたものを出したい。
ちゃらちゃした恥ずかしい演出はやめ。
お花は白とグリーンだけですっきり。
引出物ははずかしくない程度の一般的なもので。
でも写真のクオリティにはこだわるよ。
シンプル イズ ベスト。
---これが彼らのコンセプト。

オレたちそんな細かいこだわりはないから、センスよくござっぱりと行きましょうよ。
あとは頼みます---。
そんな感じのふたりだった。

じゃあ音楽はどうする?と尋ねると
そんな彼らが唯一リクエストしたのが、ナタリー・コールだった。
それも、このアルバム「Unforgettable」・・・父への愛がいっぱいに詰まったアルバム。
「それだけ使ってくれれば、後はお任せしますよ」だって。

う、嬉しい!
私も大好きなアルバムだったし、何よりアルバムの雰囲気が
彼らのパーティ・コンセプトにぴったりなんだもん。
ちょっと都会的な匂いもして、でも温かくて、古いものも大切に思う気持ちもあって。

このアルバムのほとんどすべての曲を使いました。
そして、ジョー・パスの「Unforgettable」も、少し顔を覗かせたりして・・・。

今日は、軽井沢は氷点下でした。
ここのところ、また冬が戻ってきたみたいなので
親子の愛情を、彼らの愛情を、感じながら
そして、クールな新郎が“結びの挨拶”で号泣していたのを思い出しながら
部屋でこのアルバムをほっこり聴いています。

Unforgettable: With Love
(amazon英語版:視聴できるよ)

takamaien_n at 23:43|PermalinkComments(2)TrackBack(2)

January 31, 2007

ベルベット・ヴォイス

ナット・キング・コール

シルクの肌触りのような声とも言われる彼。
男性ジャズヴォーカルで誰が好きかと聞かれたら
ワタクシは、迷わず ナット・キング・コール でございます。
ピアノとヴォーカルとどっちが好き?
トリオもカッコいいけど、やっぱり、あの声がたまりませんわっ!私。
「モナ・リザ」「ホエン・アイ・フォーリング・ラブ」とかが一番有名なのかな?
「スターダスト」とか?

普段、ジャズっていう雰囲気ではない後輩のコが、この曲大好きなんです!!!って言って
自分の結婚式のお開きのBGMに選んだのが、彼の「L-O-V-E」だった。

この曲は、最近(・・・じゃないか)だと、映画「スウィング・ガールズ」の最後に
使われていたよね。
あ、サントリーBOSSのCMの方が有名か〜。浜崎あゆみちゃんとかも歌ってたアレ。

私は、彼の娘のナタリー・コールの方の「L-O-V-E」を
よくパーティのBGMに使っていたけど、やっぱりオリジナルもいいよな〜。
1964年のヒットというからもう40年以上たつのだね。

後輩の子が、ウチにBGMの相談に来た日から、単純な私はすぐにインスパイアされて
ここ2ヵ月くらいの間、全くナット・キング・コールから離れられない。
車の中では、ほとんど彼の曲に浸っている。

でも、それだけヘヴィーローテーションしても飽きないってことこそが
名曲が名曲である所以なんだな・・・と思う。

あとは「ルート66」かな、やっぱ。チャップリンの「Smile」もいいけどね。
冬らしくない冬にも彼のベルベット・ヴォイスはほんとうに気持ちがいい。

でもそろそろ違うの聴きたいな。
最近、おすすめのジャズがある人がいたら、教えてたもれ!

The Very Best Of Nat King Cole
(amazon英語版:視聴できるよ)
このアルバムの「L-O-V-E」(27曲目)はフランス語なの。何だかそれもステキ♪
彼のことあんまり知らない・・・って人も、きっと聴いたことある曲がいっぱいなハズ。

takamaien_n at 23:50|PermalinkComments(5)TrackBack(7)

January 27, 2007

ターンテーブリズム

昨夜、あ〜や〜のコメントにレスしてパソコンの電源を切って、すぐにテレビをつけたら
それも、その番組は YAMAHA の提供。なんてタイムリーなの?!
番組はBSジャパンの「モントルー・ジャズ・フェスティバル」ってヤツで
私が夜中にたまに “何かしながら” 観ている番組だったんだけど
今日は、思わずテレビの前にじっくり座って、じーっと聴き込んでしまった。
だって、その曲が、なんと「ムーンリバー」なんだもの!!
なんという偶然。(コパカバーナの記事&コメント参照

キッド・コアラ

で、それを演奏していたアーティストは
中国系カナダ人のターンテーブリスト キッド・コアラ。
名前は何だか可愛い。顔は---この写真を見る限り、可愛いのか怖いのか、わからん。

ところで、ターンテーブリストって??

ヒップホップのパフォーマンスが発祥で、「ターンテーブル」を楽器として操って
もともとあるレコードの曲に他の音源を混ぜたり、スクラッチしたりして
オリジナルの音楽として仕立てるトリッキーな技をもってる人のことらしい。

すごいパフォーマンスだった。かっこ良かったよ。
でも、あーいうの初めて見たので、うまく説明できないんだけど・・・。
もとは、あの「ティファニーで朝食を」のオリジナルの「ムーンリバー」なの。
オードリーの。
---なんだけど、それが3台のターンテーブルを駆使してスクラッチしたり
ディレイをかけたり、いろんなエフェクトが混じりあって異様な世界観の
全くオリジナルな「ムーンリバー」に仕上がっているわけ。
ビートをわざとはずしたりして、ぴったりハマっているわけじゃなくって
すっごく自由な感じで、でもすごく計算されてて
でもかなり神経が研ぎ澄まされている感じ。いやあ、かっこ良かったな〜。
アンダーグラウンドすぎないオシャレ感もあってね、へえぇーーーーーーーって感じでした。
キッドコアラCD
Live from the Short Attention Span Audio Theater
「ムーンリバー」は収録されてないけど、キッド・コアラな世界は視聴できる。

takamaien_n at 23:55|PermalinkComments(9)TrackBack(0)

January 25, 2007

コパカバーナ

バリー・マニロウ

昨日、映画「ディパーテッド」の記事の中で
『ゴッドファーザーのテーマ』が頭から離れない・・・と書いたんだけど
それより何より最近グルグルしているのは、実は『コパカバーナ』です。

SoftbankのCMで、キャメロン・ディアスがお尻フリフリしながら歩いてるヤツのBGMね。
なんか今着メロでも人気らしいね。
(それにしても、Softbankって、CM上手いね!)

私、この曲弾いてたのいつだったかな?高校生じゃなかったと思うんだけど・・・。
授業で課題になったっけ?みんなは弾いた?

お正月以来、音楽の勉強を一緒にしていた寮生コミュニティが盛り上がってるもんだから
当時を余計に思い出してなんかグルグルしてるんだよね〜。

私はこの「コパカバーナ」のイントロと2コーラス目に入るところが好きだった。
プログラムを組むのに結構苦労したけど、割と好きで良く弾いていた曲だった。
課題曲なると、たいていはその曲をあまり好きじゃなくなっちゃうんだけど
「コパカバーナ」は何故かずっと好きな曲。

なので、社会人になって70年代の曲が大好きだった頃は
このジャケットの雰囲気が好きで、勝手にスキー場のBGMにかけていたっけ。
・・・ってことは、バリー・マニロウってAORだよね。

この曲のスコアはきっともう無い↓↓↓---っていうか、あってももう弾けない。

嫌いになった曲の代表は、なんと言っても「イン・ザ・ムード」
だから当時ファミレスの「レッドロブスター」も嫌いだった。子供だねぇ。

みんなの思い出の曲は何?!

調べてみたらバニー・マニロウの歌う「コパカバーナ」は
アマゾンとかHMVとかで視聴できるのは30秒くらい。

他になんかないかなーって探してたら、こんなの見つけたよ。
YAMAHAの「音楽日めくり」だって!
MIDIだけど結構長めに曲を聴きながらその作者や歌手についての
読み物がチェックできるの。
もう更新はされてないみたいだけど、ちょっと面白そうだったので、紹介してみました。

コパカバーナが収録されているアルバム
『Even Now』Barry Manilow(amazon)

takamaien_n at 22:59|PermalinkComments(19)TrackBack(1)

December 20, 2006

冬はギターだねぇ

昨日のアラジンのストーブの記事で、YUSHI CAFEのことを書いたけど
もうひとつ。

先日、野暮用で望月方面へ出かけたので
もちろん「YUSHI CAFE」には行かなくっちゃね♪と思って
ちょっとコーヒー1杯のつもりが、縁側の席に座った私は
ほっこりする初冬の午後の日差しと、いい音楽と、心地いい空間に
案の定、長居をしてしまって
なかなか読めていなかった本も結構ページが進みました。

そのときにかかっていたCDがこれ。
Joe Pass












Joe Passの「Unforgettable」

まだ買おうかどうしようか迷っているけど、とっても良かったので
覚え書きとしてブログにアップしておこうと思って。
シンプルなガットギター1本で弾きあげているこのCD
カフェで聴くには何ともぴったりな1枚だった。
なので、帰り際にYUSHIさんに
「さっきかかっていたの誰のですか?」って尋ねたら
奥からわざわざCDを持ってきてくれて
「ジョー・パスさんのですよ。」って。
・・・さんづけで呼ぶところがYUSHIさんらしくて、またまたこのカフェが好きになりました。

サラ・ヴォーンやエラ・フィッツジェラルドなんかのCDで
きっと名前は見ていて、演奏も聴いたことあるはずだけど
彼のリードアルバムは初めてです。
Joe Passさんはヴァーチュオーゾ:巨匠、音楽の名演家---という称号をもつギタリスト。
そんなスゴイ人だったのか!
YUSHIさん、敬意をこめての「さん」づけだったのですね。

よかったら試聴してみてくださいな♪
Unforgettable
(amazon)

takamaien_n at 15:58|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

December 18, 2006

踊り出しそう?!

classic meets cuba











しばらく東京に行っていたKUROがお土産に買ってきてくれたCD
「Classic Meets Cuba」
タイトルのとおり
クラシックあがりのクラッツ・ブラザーズっていうドイツ出身トリオと
キューバのパーカショニストが、ハバナで出会って生まれたコラボCDらしい。

私はCDを買うのはもっぱらアマゾン派だけどKURO派はあまり性にあわないらしく
レコード屋さん(・・・っていわないのか)に行くのがすごく好きで
いつもかなりの時間を消費し、J−POP以外のフロアはほとんど行ったりきたりして
(ワールドとクラシックのフロアが異様に長い?!)じっくり選ぶ。

さて、このCD。彼曰く「仕事でも使えるかも・・・と思って」とのこと。感謝です。
確かに、キューバンアレンジの音楽がパーティ前にかかって
ピンチョスのオードブルと美味しいウェルカムドリンクがサーブされるパーティ・・・
とか、いいわw なんか大人なカンジ。
そういうパーティに私も招かれたい。
ホテルのBarとかで、かかっていそうなCDとでもいうのかしら。

収録曲はベートーベンが中心で
モーツァルト、バッハ、ハイドン、ショパン、シューベルト、ブラームスなどの
有名な作曲家の曲ばかり。
それもテレビ番組やCMや映画などでもよく耳にしているものがほとんど。
お上品なクラシックにキューバの情熱を注ぎこんだオモシロイCDです。

曲のタイトルも面白い。
1曲目は『Mambozart』これは、モーツァルトの交響曲第40番のアレンジ
2曲目はブラームスのハンガリー舞曲集第5番が『CubanDance』など。

---ですが、思ったより優等生なニオイのするCDでした。
プレイヤーたちが、まだ若いからでしょうか?
テクニックは申し分ない感じだし、コードも面白いし、選曲もいい。
でも、なんか軽い?青い?!(生意気なことを言って恐縮なんですが)
モンティの「チャルダーシュ」とか聴くと
ああ、やっぱりロビー・ラカトシュ(前の記事)は偉大なのですね
・・・と思わずにはいられませんでした。

だからじっくり聴き込みたいCDというよりはKUROのいうように
“BGM”として最適なCDなのかと。仕事に使わせていただきますっ。

それにしても コンガ の音色っていいですね!!

Classic Meets Cuba
(amazon) 試聴もできるよ♪

takamaien_n at 11:44|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

December 05, 2006

映画 アマデウス

アマデウス












12月5日 今日はヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの命日。
つまりモーツァルト生誕250周年!!・・・と賑やかしくも
たくさんの公演や記念CD発売などで盛り上がった1年も
今日でひと区切りということでしょう、か。

それで昨日、NHK−BSでやっていたんですね。『アマデウス』
何度も観た映画ですが、ついまた観てしまいました。

モーツァルトとサリエリ、同時代、同じ国に生まれてしまった2人の音楽家の
天才の栄光と傲慢、秀才の真摯さと嫉妬。


ウィーンの精神病院で「モーツァルトを殺したのは私だ」・・・と
かつて宮廷音楽の権威であったアントニオ ・サリエリの独白で始まるこの映画。
ブロードウェイで人気だった舞台『アマデウス』を映画化したものなんだそうです。
アカデミー賞もいっぱい取ったんだよね。 
モーツァルトのオペラの超ダイジェスト版が楽しめる?のもこの映画のいいところ?
この映画のテーマはモーツァルトの“死”と彼の音楽。
そして、その宮廷衣装やかつら、美術部門も見もの。
後半の彼のその若すぎる死を予感させる堕落した日々が
彼のつくり上げる悲愴感に溢れた荘厳な音楽で描かれている様子や
そのサスペンスタッチな作風はとても良かったと思うし、
嫉妬心に燃えるサリエリも凄味があったけれど
ただ、モーツァルトのあの下品な高笑いは映画だけのものだと思いたい・・・。


幼い頃から教育熱心なお父様に連れまわされて(?)演奏旅行を重ね
その頃から体調を崩しながらも宮廷に仕え、芸術家というよりは
音楽職人としてその才能を捧げ、35才の若さでその短い生涯を閉じたモーツァルト。
今日、ウィーンの国立オペラ座では
彼の最後の作品「レクイエム」が上演されるようですが
私も、モーツァルトの偉業に心から敬意を払い
今日は部屋でひっそりモーツァルトを聴くことにします。

AMADEUS

1984年/アメリカ
監督:ミロス・フォアマン
出演
F・マーレイ・エイブラハム @アントニオ・サリエリ
トム・ハルス @ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
エリザベス・ベリッジ @コンスタンツェ・モーツァルト

takamaien_n at 21:24|PermalinkComments(0)TrackBack(3)