AOR

August 29, 2006

夏の終わりのAOR

スリーピングジプシー












たまには音楽の話題など。

マイケル・フランクス
-----その何だかヘタウマで、気だるさと浮遊感のあるフレージングとが好きで
夏には聴きたくなるCDの1枚「スリーピング・ジプシー」

amazonのレビューを読んでいたら、「心の中に、色々な思い出が甘く蘇ります」というフレーズがありました。
本当にその通り。マイケル・フランクスの歌声には不思議な力がある。
ソフト&メロウ(70〜90年代だけに通用する死語かな?)な雰囲気は
私を20歳のころにタイムスリップさせるマジック。

当時、すごく憧れていた人がいて
少しスパイシーな香水と煙草のにおいの混じった彼の車に乗るといつも
弱めのクーラー(なぜか夏の印象がすごく強い)とBGMにAORがかかっていた。
ううぅ、時代を感じますな。

オトナに憧れ始めた中学生の頃、レッスンの題材だったり、創作ダンスの曲だったりした
フュージョンやAOR(当時はAORなんてコトバ知らなかったけど)を
先生たちにレコードを借してもらったりしながら聴きはじめたんだったな〜。

ラリー・カールトン、リー・リトナー、ボブ・ジェームス、デイヴィッド・サンボーン
ジョー・サンプルにドナルド・フェイゲン・・・
半分はレッスンのために聴いた曲で、ちょっと嫌いになっちゃった曲もあるけど
このテの曲は20代前半まで、芋づる式に聴きました。

さて、この『スリーピング・ジプシー』
この中の曲は今井美樹やらUAやら日本人アーティストたちも結構カバーしている。

デイヴィド・サンボーン、ラリーカールトン、とかジョー・サンプルとか豪華メンバーが
さりげなくサポートしているところが、センスいいのだ。
かのアントニオ・カルロス・ジョビンに捧げられた「アントニオの唄」は超有名だものね。
 
ランデブー・イン・リオ











その「アントニオの唄」のセルフ・カバーが収録されてる
『ランデブー・イン・リオ』っていうニューアルバムの発売のプロモーションに
日本贔屓の彼は7月にも来日。ブルーノートで唄ってたんだね。

スリーピング・ジプシー(amazon)

マイケル・フランクス公式サイト

これからボサノヴァ聴こうかな。

takamaien_n at 14:21|PermalinkComments(4)TrackBack(0)