BGM

April 05, 2007

父へのオマージュ

ナタリー・コール

今年になってから繰り返し繰り返し聴いたナット・キングコール と
惚れ惚れするようなテクニックのギター奏者ジョー・パスのリードアルバム
そして私が、今いちばん気持ちよくその歌声に酔いしれているナタリー・コール。

“繋がり”は、名曲『Unforgettable』
この曲は、この冬、いちばん聴いた曲かもしれない。

先日、担当させていただいた結婚式は、親族とごく親しい友人だけのパーティ。
20代後半のカップルは、友達の後輩だった。

お色直しはナシなし。
とにかくゆっくりとゲストと過ごす。
料理はちゃんとしたものを出したい。
ちゃらちゃした恥ずかしい演出はやめ。
お花は白とグリーンだけですっきり。
引出物ははずかしくない程度の一般的なもので。
でも写真のクオリティにはこだわるよ。
シンプル イズ ベスト。
---これが彼らのコンセプト。

オレたちそんな細かいこだわりはないから、センスよくござっぱりと行きましょうよ。
あとは頼みます---。
そんな感じのふたりだった。

じゃあ音楽はどうする?と尋ねると
そんな彼らが唯一リクエストしたのが、ナタリー・コールだった。
それも、このアルバム「Unforgettable」・・・父への愛がいっぱいに詰まったアルバム。
「それだけ使ってくれれば、後はお任せしますよ」だって。

う、嬉しい!
私も大好きなアルバムだったし、何よりアルバムの雰囲気が
彼らのパーティ・コンセプトにぴったりなんだもん。
ちょっと都会的な匂いもして、でも温かくて、古いものも大切に思う気持ちもあって。

このアルバムのほとんどすべての曲を使いました。
そして、ジョー・パスの「Unforgettable」も、少し顔を覗かせたりして・・・。

今日は、軽井沢は氷点下でした。
ここのところ、また冬が戻ってきたみたいなので
親子の愛情を、彼らの愛情を、感じながら
そして、クールな新郎が“結びの挨拶”で号泣していたのを思い出しながら
部屋でこのアルバムをほっこり聴いています。

Unforgettable: With Love
(amazon英語版:視聴できるよ)

takamaien_n at 23:43|PermalinkComments(2)TrackBack(2)