CM

November 16, 2007

ホッとする声

Smilin’

久しぶりに音楽のハナシ。
今このブログを書いているBGMがこのCD
大阪のライブハウスからスタートしたらしいジャズシンガーnoonさんの
たぶん3枚目のアルバム。

でもジャズっぽくない、すごくリラックスしたアルバムなの。
背伸びをしていない感じで、何だか鼻歌かハミングを聴いているかのような気持ちさえしてくる。
彼女の歌声はまさに“BGM”にぴったりの一枚。
ヘッドフォンでじっくり聴くタイプの曲ではないけど
心地よさがあたりに漂って、ほんのり幸せ♪って雰囲気に包まれている。

このCDには、ジェイムス・テイラーやカーペンターズ、レイ・チャールズなどの
スタンダードな曲ばかりが集められていて
どれも私の好きな曲ばかり。

1. スマイル
2. ドント・レット・ミー・ビー・ロンリー・トゥナイト
3. ラヴ・レター
4. 500マイル
5. ザ・ウェイ・ユー・ルック・トゥナイト
6. 黒いオルフェ
7. エヴリタイム・ウィ・セイ・グッバイ
8. ハウ・ロング・ハズ・ディス・ビーン・ゴーイン・オン
9. アイ・クッド・ライト・ア・ブック
10. スーパースター
11. ユーヴ・ガット・ア・フレンド
12. ハレルヤ・アイ・ラヴ・ヒム・ソー
13. 涙そうそう

とても気に入っているアルバムなので
最近、携帯の着信音を、その中でもいちばん気に入っている4曲目の「500miles」に変えた。
アメリカの60年代フォークの象徴のような“ピーター・ポール&マリー”がオリジナルの
「500マイルも離れて」

デビュー4年目のnoon 今月、彼女のベストアルバムも出たみたいですね。
「For You noon's best」(このCDのPRサイト *ムーンリバ−が流れるよ。
彼女のオーガニックな唄声を、すぐにチェックできます♪)

noonオフィシャルサイト

takamaien_n at 19:38|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

January 25, 2007

コパカバーナ

バリー・マニロウ

昨日、映画「ディパーテッド」の記事の中で
『ゴッドファーザーのテーマ』が頭から離れない・・・と書いたんだけど
それより何より最近グルグルしているのは、実は『コパカバーナ』です。

SoftbankのCMで、キャメロン・ディアスがお尻フリフリしながら歩いてるヤツのBGMね。
なんか今着メロでも人気らしいね。
(それにしても、Softbankって、CM上手いね!)

私、この曲弾いてたのいつだったかな?高校生じゃなかったと思うんだけど・・・。
授業で課題になったっけ?みんなは弾いた?

お正月以来、音楽の勉強を一緒にしていた寮生コミュニティが盛り上がってるもんだから
当時を余計に思い出してなんかグルグルしてるんだよね〜。

私はこの「コパカバーナ」のイントロと2コーラス目に入るところが好きだった。
プログラムを組むのに結構苦労したけど、割と好きで良く弾いていた曲だった。
課題曲なると、たいていはその曲をあまり好きじゃなくなっちゃうんだけど
「コパカバーナ」は何故かずっと好きな曲。

なので、社会人になって70年代の曲が大好きだった頃は
このジャケットの雰囲気が好きで、勝手にスキー場のBGMにかけていたっけ。
・・・ってことは、バリー・マニロウってAORだよね。

この曲のスコアはきっともう無い↓↓↓---っていうか、あってももう弾けない。

嫌いになった曲の代表は、なんと言っても「イン・ザ・ムード」
だから当時ファミレスの「レッドロブスター」も嫌いだった。子供だねぇ。

みんなの思い出の曲は何?!

調べてみたらバニー・マニロウの歌う「コパカバーナ」は
アマゾンとかHMVとかで視聴できるのは30秒くらい。

他になんかないかなーって探してたら、こんなの見つけたよ。
YAMAHAの「音楽日めくり」だって!
MIDIだけど結構長めに曲を聴きながらその作者や歌手についての
読み物がチェックできるの。
もう更新はされてないみたいだけど、ちょっと面白そうだったので、紹介してみました。

コパカバーナが収録されているアルバム
『Even Now』Barry Manilow(amazon)

takamaien_n at 22:59|PermalinkComments(19)TrackBack(1)